« 新社会党第12回全国大会 | トップページ | 美馬地区労40回大会 »

2007年10月30日 (火)

「すだち」と「シークワーサー」

Dscf4539
  「徳島は何でもすだちじゃ」というテレビコマーシャルがありますが、もちろん我が家もそうです。焼き魚、刺身、焼き茄子、冷や奴、漬け物など本当に何にでもかけるので、食卓にはいつも半分に切ったすだちが登場しています。
 先日、知人から沖縄特産のシークワーサーをいただきました。夫は夜勤だったのですが、早速、焼酎のお湯割りに入れて味見。すだちより少し甘いかなという感じでした。言わなければいつものようにすだちを切ってあると思うだろうなと思いつつも、夫の帰宅前に酔いと疲れで寝てしまいました。翌朝、「ちりめんにかけて食べただろう?」と聞くと案の定でした。「ちょっと味が違うと思ったけど・・・」
 さて、どちらがどちらかわかりますか?県外の人によく間違われる大分の「かぼす」も横に並べてみればおもしろいかもしれません。正解は、左がすだちです。

|

« 新社会党第12回全国大会 | トップページ | 美馬地区労40回大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/16920409

この記事へのトラックバック一覧です: 「すだち」と「シークワーサー」:

« 新社会党第12回全国大会 | トップページ | 美馬地区労40回大会 »