« 油断できない国民投票 | トップページ | DV被害の根絶のために »

2007年11月 8日 (木)

年金者一揆

Dscf4554_2
 今日は立冬、朝の「八の日行動」は寒くもなくマイクを握ることができました。
 昼には、全日本年金者組合徳島県本部の主催する「年金者一揆2007」に連帯の挨拶に寄せていただきました。老年者控除の廃止、公的年金控除の削減、定率減税の中止、さらに後期高齢者医療制度の実施等の庶民・高齢者いじめの一方で、大企業や大金持ちへの減税は据え置きです。「一揆」に立ち上がった皆さんは手に手にプラカードやむしろ旗(正確にはむしろではなくござでした)を持ち、次々と怒りの声をあげておられました。
 このところ、私も、医療・介護・年金問題徳島ネットワークが取り扱っている「不公平税制をただし、社会保障の充実を求める陳情」署名をいつも携行しています。
 

|

« 油断できない国民投票 | トップページ | DV被害の根絶のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/17014870

この記事へのトラックバック一覧です: 年金者一揆:

« 油断できない国民投票 | トップページ | DV被害の根絶のために »