« やはり高検が上告、DV殺人高裁判決 | トップページ | 来年もよろしくお願いします »

2007年12月29日 (土)

芳月

Dscf4692
 4年前の12月12日の入院以降、闘病生活を送ってきた母が24日早朝に息を引き取り、26日葬儀告別式を終えました。ご住職がお六日(葬儀の後の法要)の法話で、戒名の意味について話されました。母が亡くなった日、雲がかかりかすんだ満月は春の月のようでとても印象的であったので芳しい月ということから芳月で始まる戒名としたと言われました。私は24日の月は見ていませんが、奇しくも23日の写真に月を入れています。まさに霞んだお月様です。26日の帰路に見た月は少し欠けた大きな赤い月でした。月を見るたびに母を思い出すことになりそうです。

|

« やはり高検が上告、DV殺人高裁判決 | トップページ | 来年もよろしくお願いします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/17511292

この記事へのトラックバック一覧です: 芳月:

« やはり高検が上告、DV殺人高裁判決 | トップページ | 来年もよろしくお願いします »