« 日中労交総会 | トップページ | 「裁判員制度」ひとり一人が主役です。と言われても・・・ »

2008年1月25日 (金)

地産地消、旬産旬食

Dscf4816
 爆弾低気圧という耳慣れない言葉がテレビから何度も聞こえてきます。朝から雪が舞っていた昨日、コープ自然派徳島主催による学校給食講演会「地域でささえる学校給食~今治の挑戦~」に参加しました。講師は今治市企画振興部企画政策研究室長の安井孝さん。地元の農産物を学校給食に取り入れている話だろうくらいのつもりで行ったのですが、とにかく驚きました。
 「地産地消の推進」「食育の推進」「有機農業の振興」を3つの柱として地域の農林水産業の振興を図り、まちづくりを進めていくという、全国にも例をみない食と農のまちづくり条例制定の経過から始まり、学校給食や食育のことだけでなく、市民、関連業者も一緒に地域の農林水産業を支えていこうとする様々な取り組みが話されました。
そして、学校や地域でどんどん広がってくると、大手スーパーが「地産地消」のコーナーを設け、今治一のホテルが地産地消のコースディナーを売りにするようにまでなってきたそうです。恐るべし「今治の挑戦」でした。

|

« 日中労交総会 | トップページ | 「裁判員制度」ひとり一人が主役です。と言われても・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/17826724

この記事へのトラックバック一覧です: 地産地消、旬産旬食:

« 日中労交総会 | トップページ | 「裁判員制度」ひとり一人が主役です。と言われても・・・ »