« 地産地消、旬産旬食 | トップページ | 節分冬中 »

2008年2月 1日 (金)

「裁判員制度」ひとり一人が主役です。と言われても・・・

Dscf4819_2
 昨日、徳島地方裁判所とフレアとくしま主催による「一般公開セミナー裁判員制度第一弾」というのに行ってきました。 裁判員制度については、マスコミ報道の他には、「裁判が日本を変える!」を斜め読みしていた程度で、裁判所が行っているこうしたセミナーに一度参加したいと思っていたところでした。DVD[裁判員」を見た後、裁判所の刑事主席書記官が会場からの質問に答えるという形で(他では殆ど質問を受けずに一方的に説明するのが多いそうです)、たくさんの質問が出されました。私も裁判員の辞退、身の危険、吉野川DV殺人を例に挙げて反省という態度の判断の難しさ等質問しました。
 一応の回答はいただきましたが、ネットで検索してみると、この制度に対するたくさんの疑問、反対の声がありました。来年5月までにスタートだそうですが、あまりにも多くの問題点がありすぎるというのが実感です。
 余談ながら、最高裁判所企画・制作の広報用DVD「裁判員」には村上弘明、小林綾子、山口果林、「評議」には中村俊介、小林稔侍、藤田弓子等、私でも知っている人が多く出演しており、ずいぶん力を入れていることはよくわかりました。

|

« 地産地消、旬産旬食 | トップページ | 節分冬中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/17918835

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判員制度」ひとり一人が主役です。と言われても・・・:

« 地産地消、旬産旬食 | トップページ | 節分冬中 »