« 平和な港に軍艦は要らない | トップページ | プチプチ自給自足 »

2008年5月24日 (土)

困った時はお互い様

Dscf5439
 12日に発生した中国・四川大地震の被害は日を追うごとに明らかになってきています。昨夕、日中労働者交流協会徳島県支部は被災者支援のため徳島駅前で救援カンパに取り組みました。「困った時はお互い様」「わずかですが」と言いながら募金してくださる多くの方の善意が本当に嬉しかったです。2時間で2万円を超える浄財を寄せていただきました。
 カンパをお願いしながらもいつもの徳島駅前とは違ったのが外国人の通行の多いこと。ひょっとして小松島港入港中のルーベン・ジェームズの乗務員ではないかと声をかけてみるとやはりそうでした。カンパ活動後、別件を済ませて8時過ぎに徳島駅前を通ると今度は機動隊の腕章をした警官3人をみかけました。先日の地元ラジオでも「徳島駅前から新町にかけて外国人がたくさん歩いていました。男性が多かったですね。何だったんでしょう?」と言っていましたが、マスコミでは同艦乗務員が小松島市で市民や自衛隊員と交流することは報道されていますが、220人もの乗員が自由に観光していることは伝えていません。事情を知らない方は、「異様」さに驚かれたことと思います。それにしてもカンパ箱を首からかけた変なおばさんに話しかけられた二人連れは艦に帰ってどんな報告をしたことでしょう。

|

« 平和な港に軍艦は要らない | トップページ | プチプチ自給自足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/41300677

この記事へのトラックバック一覧です: 困った時はお互い様:

» 「国鉄闘争 最終局面へ」(週刊金曜日) [ひょうご丹波・憲法を生かす会]
週刊金曜日・最新号(5月23日発売)の特集は、「国鉄闘争 最終局面へ」。 来月(6月)17日には、丹波でも「JR採用差別の全面解決をめざす丹波地区集会」が予定されています。 ●とき/6月17日(火)午後6時半〜 ●ところ/丹波の森公苑・多目的ルーム ●主催/...... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 16時26分

« 平和な港に軍艦は要らない | トップページ | プチプチ自給自足 »