« 悲・走・集・飲・学・・・忙しい | トップページ | 625分のハンスト »

2008年6月18日 (水)

鮎解禁の勝浦川

Dscf5520
 昨日は夫が休みだったので二人で勝浦郡へキャラバンに行ってきました。勝浦川は6月15日が鮎の解禁日で、平日だというのに勝浦町も上勝町もたくさんの太公望がいました。
 道ばたの日陰で座っている二人の男性が「なんで?」と聞いてくれたので、「後期高齢者医療制度の廃止を訴えているんです」と答えると、「医療制度もやけど8月から介護保険料もごっつい上がるらしいでえ。何とかならんので。頑張ってよ!」と励まされました。緑の空気を一杯吸って、元気回復です。

|

« 悲・走・集・飲・学・・・忙しい | トップページ | 625分のハンスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/41568398

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎解禁の勝浦川:

» JR採用差別の全面解決をめざす集会終わる [あなたには、この宝物がみえますか―憲法たんば(平和憲法を守る丹波地区連絡会)]
6月17日夜、丹波市内で「JR採用差別の全面解決をめざす丹波地区集会」が開かれました。 集会では、ビデオ「国鉄改革の真相」の上映と、大串潤二さん(鉄建公団訴訟原告)の講演がありました。大串さんは、1987年の国鉄分割民営化の際、不当にもJRに採用されず、20年以上にわたって解雇撤回のたたかいを続けてこられました。1,047名の解雇=JR採用差別事件の全面解決をめざす大串さんの話に集会参加者は熱心に聞き入りました。... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 21時45分

« 悲・走・集・飲・学・・・忙しい | トップページ | 625分のハンスト »