« 「12月8日」を繰り返さない | トップページ | 人らしくフェスタin四国 »

2008年12月12日 (金)

矢野さんの遺影とともに街宣

Dscf6233
 海上自衛隊のインド洋での給油活動を1年間延長する新テロ特措法改「正」案が、今日の参議院本会議で否決された後、衆議院本会議で与党側三分の二以上の多数で再可決、成立させられました。
 反核・憲法フォーラム徳島は、夕方JR徳島駅前で抗議の街宣を行いました。矢野和友さんがお元気なら、一番にマイクを握られたのにと思い、遺影を抱いて訴えさせていただきました。
 米国による報復戦争は行き詰まり、アフガニスタンのカルザイ大統領は、反政府勢力タリバンとの和解交渉の仲介をサウジアラビアに依頼したと言明しているようですし、副大統領も「戦え戦えという支援国があるが、戦闘だけでは永遠に勝てない」と述べたそうです。日本は自衛隊派兵をやめて和平交渉に協力すべきです。

|

« 「12月8日」を繰り返さない | トップページ | 人らしくフェスタin四国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/43399759

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野さんの遺影とともに街宣:

« 「12月8日」を繰り返さない | トップページ | 人らしくフェスタin四国 »