« JR不採用問題和解報告・徳島集会 | トップページ | 戦後の最後の良心 »

2010年10月 4日 (月)

米軍機墜落から16年

Dscf8475
 1994年10月14日、低空飛行訓練中の米軍空母インディペンデンス艦搭載機A-6イントルーダーが早明浦ダムに墜落し、乗員2人が死亡しました。墜落地点から500㍍の場所には保育園、さらに500㍍の所には役場、対岸には小・中学校があり、時速1000㎞を超す速度で飛んでいる米軍機にとってはこのわずかな距離は瞬時であり大惨事にならなかったことが奇跡とも言えます。
 毎年、四国ブロック平和フォーラムはこの時期に「超低空飛行訓練中止を求める四国集会」を開催しています。今年もダムサイトに4県から350人が結集し、訓練中止とともに米軍基地の撤去、日米安保条約・地位協定の破棄を求めてシュプレヒコールを繰り返しました。

|

« JR不採用問題和解報告・徳島集会 | トップページ | 戦後の最後の良心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/49647505

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍機墜落から16年:

« JR不採用問題和解報告・徳島集会 | トップページ | 戦後の最後の良心 »