« 脱原発の声を大きく | トップページ | 福島の子どもたちにリフレッシュを »

2012年6月11日 (月)

キュリー夫人

Dscf1205
 野田首相が8日、記者会見を行い、関西電力大飯原発3.4号機について「国民生活を守るため、再稼働すべきだ」と表明しました。「今、原発を止めてしまっては日本の社会は立ちいかない」と経済への影響は盛んに強調されましたが、肝心の安全性については置き去りのままです。大飯原発の再稼働を突破口に、伊方が、さらには日本全国の50基全ての原発の再稼働がもくろまれています。
 先月、会議のために三朝温泉に行く機会がありましたが、会場の近くにキュリー夫人の像が建っていました。三朝温泉がラドン温泉であることからラジウムの発見者であるキュリー夫人の遺徳を讃えてのことだそうです。福島の惨禍や日本のその場しのぎの動きをどんな思いで眺めているのだろうと像ながら思ってしまいました。

|

« 脱原発の声を大きく | トップページ | 福島の子どもたちにリフレッシュを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/54933280

この記事へのトラックバック一覧です: キュリー夫人:

« 脱原発の声を大きく | トップページ | 福島の子どもたちにリフレッシュを »