« 雨をも吹き飛ばすパレード | トップページ | 戦争法案は廃案にするしかない »

2015年9月 8日 (火)

ひとりひとりに人生があり、家族がいる

Dsc05146
 9月3日、瀬戸内寂聴さんと映画監督の山田洋次さんのビッグ対談、会場のアスティ徳島では3300人が耳を傾けました。寂聴さん93歳、「言わなければならないことがある。戦争をするなということ」「殺すなかれ、殺させるなかれが仏の教え」。山田洋二監督「政府はうそをつく」「戦争で亡くなった一人一人に人生があり家族がいた。それは殺されたアジアの人も同じ」含蓄のある言葉ばかりでした。

Dsc05161
 9月5日、シンポジウム「私もひとこと!安保法案」。なぜだか科学者会議の皆さんが中心の実行委員会に誘われて8月からあわただしく準備を進めてきました。パネリストには中里見博さん(憲法学)、瀧誠司さん(弁護士)、大西さちえさん(主婦)、三好紳太郎さん(大学生)に加えてなんとカナダ出張中の饗場和彦先生もスカイプで登場されました。
会場からの「ひとこと!」カードも多く出され活発に意見が交わされました。思いはみんな安保法案廃案!

Dsc05179
 6日、第55回いのちとくらし・平和を守る女性集会。講演は「25歳が向き合う戦後70年」と題して大学院生の御前麻里さんにお話しいただきました。
Dsc05186
 シンポジウムでは「戦後70年、男女雇用機会均等方30年北京女性会議20年 記念すべき年に 私たちがしなければならないこと」というテーマで戦後の男女平等など話し合うとともに、今の安保関連法案に反対の思いを固めあいました。

|

« 雨をも吹き飛ばすパレード | トップページ | 戦争法案は廃案にするしかない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129802/62243389

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりひとりに人生があり、家族がいる:

« 雨をも吹き飛ばすパレード | トップページ | 戦争法案は廃案にするしかない »